神奈川県 海老名市
海老名市には小田急電鉄と相模鉄道の車両基地があり、それぞれに、古い車両を保存している。
小田急電鉄では開業時に使用していたデハ50、鉄道技術研究所の協力で新製され、狭軌最高速度の記録を樹立した3000系ロマンスカー(SE車)等が保存されている。 
相模鉄道では神中鉄道時代のSLと客車が保存されている。

 神中3号機
 

保存場所 : 相模鉄道かしわ台車庫 (Map Code : 2155631*07 )
この機関車は現在の相鉄線が、かつて神中線とよばれて大正15年5月に開業した直後に製造されたもので、主として旅客列車をけん引して厚木〜横浜間を走っていました。 昭和18年4月に、相模鉄道が神中鉄道を合併したときに相模鉄道7号機に改番され、昭和24年8月鉄道車両工業(株)に売却されました。 その後、福島県磐南臨海鉄道(株)に譲渡され同社が江名鉄道(株)と改称しちぇ開業するにあたり、7号機関車として活躍しましたがまもなく同鉄道と接続する小名浜臨海鉄道(株)に移りました。C358に改番され昭和41年3月まで貨物専用として使われましたがついに廃車となりましたので昭和41年4月に当社に返却譲渡されたものです。(解説より)

 小田急 デキ1012
 

保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地



 小田急 10
 

保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地


 小田急 2201
 

保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地


 小田急 2202
 

保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地


 小田急 3021
 
保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地
上り側の先頭車(3021)は製造当初の先頭形状に復元され、塗装も誕生当時の塗り分けとなっていた。
 小田急 3025
 
保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地
 小田急 3231
 
保存場所 : 小田急電鉄海老名車両基地
 神中 ハ24
 
保存場所 : 相模鉄道かしわ台車庫 (Map Code : 2155631*07 )
ハ20形ハ24号客車は、相模鉄道の前身である神中鉄道が開業した大正15年から昭和24年までの間活躍した車両です。 連結してある神中3号機などの蒸気機関車に引かれ横浜〜厚木間で旅客の輸送にあたっていました。
 汽車製造(株)東京支店で製造された同客車は、神中鉄道相模鉄道で24年にわたって活躍後三重県の三岐鉄道に譲渡され、昭和34年から昭和59年1月31日までは兵庫県の別府鉄道で「ハフ7号客車」として使用していました。
昭和58年12月27日の相鉄線「横浜駅乗り入れ50周年」の記念として、別府鉄道のご厚意により譲り受けることとなり昭和59年2月3日相模鉄道に里帰りしました。
 大正時代から昭和の初期にかけて製造された木造の客車は現在ではめずらしく、特に二重屋根の展望車は貴重なものとなっています。 (解説より)
トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に  撮影メモに


inserted by FC2 system