長野県 坂城町
 D51245
 

 保存場所 : 文化センター  ( Map Code : 177413648*54 )
 51245号はD51形式では245番目に製造された蒸気機関車です。 D51形式は貨物輸送用大型機関車で昭和11年から製造を始め全部で1115輌作られました。 D51は非常に性能が良く常に全国主要幹線の第一線機関車として重用されてきました。 また牽引力が強いので勾配の急な中央線では大活躍をし、”デゴイチ”の愛称をもって今日まで30年以上にわたって機関車の王座を締めてきました。 この245号は昭和14年9月28日に国鉄浜松工場で誕生し浜松機関区に就役し以降金沢、富山、敦賀、福井、上諏訪、稲沢各機関区を経て中津川機関区に昭和41年7月所属し篠ノ井線中央西線の客貨輸送に力強い活動をした機関車です。 又その走行距離は34年間207万1280Kmで地球と月の間を更に2往復半もしたことになります。 昭和48年7月20日その栄光ある永い活動を終わりましたのを期に坂城町は後世にこの偉大な功績を伝えるため245号を迎え町で愛称デコチャンとなづけその勇姿を永くとどめるものであります。
   昭和48年11月1日   坂城町教育委員会  (解説より)
 クモハ169−1
 

 保存場所 : 坂城駅  (MapCode :177 472 006*03 )
 モハ168−1
 

 保存場所 : 坂城駅  (MapCode :177 472 006*03 )
 クハ169−27
 
 保存場所 : 坂城駅  (MapCode :177 472 006*03 )
  トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に   撮影メモに  リンク集に


inserted by FC2 system