東京都 荒川区
 東京都交通局 5501
 

保存場所 : 都電おもいで広場  ( Map Code : 885680*85 )
この電車は、アメリカの路面電車委員会(Presidents' Conference Committee)が開発したPCCカーの構造権を購入し、最新の技術を導入して昭和29年につくられたものです。 独特の流線型の車体と低騒音・高加速の高性能を誇り、1系統(品川駅−上野駅)を昭和29年から昭和42年12月9日まで13年間走り続けました。  (解説より)

 東京都交通局 6152
 
保存場所 : あらかわ遊園  ( Map Code : 3016009*56 )
  都電6000形・6152号車「一球さん号」について
都電6000形は昭和22年(1947年)から290両が製造され、都電全盛時代の主流として活躍した車両です。 この6152号車は、昭和24年(1949年)7月に製造されてから平成13年(2001年)12月に廃車となるまで、50年以上も働き続けました。 また、昭和53年(1978年)の荒川線ワンマン化に伴い6000形最後の1両として残り、いつの頃からかクラシックな外観でヘッドライトが1個あることから「一球さん」の愛称で、沿線地域の人々や都電愛好家から親しまれていました。
[履歴]
  昭和22年 7月30日 大久保営業所に配属
  昭和25年10月19日 青山営業所に転属
  昭和43年 1月11日 大久保営業所に転属
  昭和43年 4月29日 錦糸町営業所に転属
  昭和46年 3月18日 荒川営業所に転属
  昭和53年 4月27日 営業車両から応急車両に
  昭和63年 9月20日 月2回日曜日に営業運転
  平成12年12月29日 運行休止
  平成13年12月20日 廃車
  平成15年 4月 6日 あらかわ遊園にて保存
          (解説より)
 東京都交通局 7504


保存場所 : 都電おもいで広場  ( Map Code : 885680*85 )
昭和37年に製造された7500形20両のうちの1両です。 従来の都電とは趣を変えた2つ目のヘッドライトが特徴です。 平成10年に休止車となる前の数年間は朝ラッシュ時の通学用電車として大塚駅前〜町屋駅前を走行し、「学園号」の愛称で親しまれました。 (解説より)
  トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に   撮影メモに  リンク集に



inserted by FC2 system