東京都 台東区

 D51231
 
保存場所 : 科学博物館   ( Map Code : 768433*55 )
D51形蒸気機関車は、おもに貨物用として昭和11年より製造されましうたが、そのすぐれた性能から日本国有鉄道で当時もっとも多く使われ、デゴイチの愛称で人びとに親しまれました。この231号は昭和14年7月に日本国有鉄道長野工場で製作されてから、東海道本線・山陰本線・その他で活躍し、昭和50年12月15日北海道追分け機関区で休車するまで約216万km(地球を約54周)を走行しました。(解説より)
 都電 7506
 

保存場所 : 池之端児童遊園   ( Map Code : 767435*88 )
   都電7500形 (7506号車)
ここに展示された都電は7500形といわれる形式で、昭和37年に製造された旧7500形を車体更新したものです。 旧7500形は昭和59年以降、台車と主要機器を流用した車体更新が施され現在の7500形となり、都電で初めて冷房装置が搭載されました。 この車両は、平成20年1月末まで都電荒川線(三ノ輪から早稲田)を走行し、平成20年2月1日東京都交通局より台東区に譲渡されました。 (解説より)
  トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に  撮影メモに


inserted by FC2 system