千葉県 船橋市
 D51125
 

 保存場所 : 習志野郷土資料館  ( Map Code : 6441879*25 )
 この機関車は日本国有鉄道(国鉄)の貨物列車をひいて、35年間はたらきました。 たくさんの型の蒸気機関車がつくられたなかで、D−51型はいちばん多い1115両つくられました。
 D−51型は「デゴイチ」ともよばれていました。(解説より)
 KATO DL
 

 保存場所 : 船橋防災センター ( Map Code : 6406095*08 )
          機関車の概要
この機関車は、昭和24年に建設省関東地方建設局(現 国土交通省関東地方整備局)が購入し直営工事に使用したものです。 主に小貝川、江戸川、利根川などで築堤のための土運搬に使用され、昭和40年頃まで稼働していました。
型式はD7型と呼ばれるもので、60馬力のディーゼルエンジンを搭載しており、鋼製1m3積み土運搬車を20台程度けん引して時速約15kmで走りました。
(解説より)
 土運搬車
 

 保存場所 : 船橋防災センター ( Map Code : 6406095*08 )
  トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に  撮影メモに


inserted by FC2 system