岩手県 釜石市


 富士製鉄釜石 209号
 
保存場所 : 鉄の歴史館  ( Map Code : 259017319*43 )
  C20型機関車
 この209号は、釜石−大橋間に敷設された釜石製鉄所専用鉄道を走った日本製機関車で、昭和八年から国鉄釜石線が開通するまで活躍した。 専用鉄道は、一般に「社線」と呼ばれ、鉄鉱石だけでなく、一般旅客をも運ぶ鉄道として、親しまれた。
 製鉄所専用鉄道は、官営製鉄所(明治七年着工、同十三年操業)の原料、資材を運搬するため、明治八年に着工、日本で三番目(着工は二番目)
の鉄道として、同十三年から運行を開始した。 釜石-大橋間の本線は、鉱石、支線の小川線では木炭をそれぞれ運んだ。 その当時の機関車は、イギリスのシャープ・スチュアート社製で三輌であった。 しかし、明治十六年官営が廃止されたとき売却され、大阪-堺間の阪堺鉄道を走行した。 今の南海電鉄がそれである。
 明治十九年にスタートした田中製鉄所(釜石製鉄所の前身)では、一時期馬車鉄道(明治二十九年から)に代わったが、同四十四年に機関車となり、昭和四十年三月まで運行された。
 この209号は、専用鉄道撤去に当たり、昭和四十年三月ニ十八日、最後の鉱石を積んで走った「ミニSL]である。
    昭和六十年六月
  寄贈 新日本製鐵(株)釜石製鉄所
(解説より)


  トップページに   場所リストに  車両リストに  更新記録に





inserted by FC2 system