元甲佐駅
碑の背景
コメント
1915年4月、御船鉄道が現在の南熊本−鯰間を開業した。 この線は1923年4月には甲佐まで延長された。 1927年には社名を熊延鉄道と変更し、1932年には甲佐−砥用間が開業した。 しかしながら、この鉄道は1964年3月末で廃止となった。 熊延鉄道は鉄道廃止後熊本バスして、交通事業を継続しており、甲佐駅のあった場所は熊本バスの車庫として利用されている。
写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 甲佐町
 マップコード : 291 547 046*87
 建  立  日 : 1998年 3月
 建  立  者 : 甲佐町教育委員会
 種      別 :  跡地碑
 撮  影  日 : 2011年11月 5日
碑  文 大正五年から、昭和三十九年まで甲佐地区や砥用地区と熊本市を結ぶ重要な交通路
だった。 通学や通勤に買い物や荷物の運搬に大活躍し、木材や石炭、穀物や野菜の
移出、各種消耗品の移入など、甲佐の駅前に商店が並び■■■■にぎやかだった。

 戻る

inserted by FC2 system