弔魂碑
碑の背景
コメント
この碑を建立した産業セメント鉄道は1919年に九州産業鉄道として設立され、1922年起行〜船尾間、1926年には船尾〜赤坂炭鉱間を伸延させた。 1929年には金宮鉄道を買収した。 1933年には社名を産業セメント鉄道と変更した。 この鉄道は自民党最後の首相である麻生太郎の祖父である麻生太吉が創立したもので、1943年に国有化された。 産業セメント鉄道株式会社は鉄道国有化後も存続し、1954年には麻生麻生鉱業と合併し麻生産業株式会社となった。 麻生太郎は1973年から1979年に衆議院議員となるまで麻生産業の社長であった。
写  真   基本情報
 所  在  地 : 田川市産業
 マップコード : 96 452 515*20
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : 産業セメント鉄道(株)
           重役社員労務員一同
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 :  2011年11月 4日

 

 戻る


inserted by FC2 system