直方機関区殉職者の碑
碑の背景
コメント
1891年に筑豊筑豊興業鉄道が直方〜若松間を開設した際に直方機関庫は発足した。 1907年に国有化され直方機関区となった。 この碑の横には直方機関区で無くなった22名の方の氏名が刻まれた副碑がある。 この副碑を見ると最初に亡くなった方は1908年で国有化の翌年亡くなっている事が判る。 太平洋戦争が終結した昭和20年代には6名がなくなっており、戦後の混乱の影響によるものと思われる。 1969年の正月に亡くなられた方を最後に、直方機関区は1995年門司機関区と統合され廃区となった。
写  真   基本情報
 所  在  地 : 直方市山部540
 マップコード : 68 296 209*24
 建  立  日 : 1970年 5月
 建  立  者 : 直方機関区OB会有志
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 :  2011年11月 4日


 戻る


inserted by FC2 system