九州鉄道 0哩標跡
碑の背景
コメント
九州鉄道は1889年に博多−千歳川仮停車場(筑後川北岸)間を開通させたが、1891年には博多から門司港まで開通させた。 これにより門司港駅は九州の玄関口となり、九州鉄道の本社も門司港に設けられた。 この九州鉄道旧本社の建物は現在、九州鉄道記念館として利用されている。

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 北九州市門司区清滝2-6
            九州鉄道記念館入口付近
 マップコード : 16685805*22
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 :  2008年 3月19日


碑  文 ここは九州鉄道が明治24年に門司駅を開業したとき、九州鉄道(鹿児島本線)の起点と定めたところです。 九州の鉄道網の形成の原点となった場所です。 その後、大正3年に駅が今の場所に移り、跡形がなくなっていましたが、鉄道百年を記念して標識が埋められました。 鉄道記念館の開館に当って旧0哩標として立体的に復元しました。


 戻る


inserted by FC2 system