JR鹿児島本線旧箱崎駅記念碑
碑の背景
コメント
箱崎駅の歴史は碑に示されるように、九州鉄道が博多から東に向けて鉄路を延ばし、赤間まで開業させた1890年に始まる。 その後、国有化、複線化、電化、民営化と歴史を重ねてきたが、2002年には線路が高架化されるとともに、駅の位置も上り方向に約440m移動してしまった。 この時には上り線は仮ホームでの営業であったが、2004年3月には上り線も高架化され高架事業は完了した。

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 福岡市東区筥松2−1
            JR九州メンテナンス(株)
             吉塚事業所前
 マップコード : 13411190*56
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 :  2009年 3月13日

碑  文
   JR鹿児島本線箱崎駅の歴史
明治23年 9月28日 九州鉄道博多〜赤間間開業に伴い当地に箱崎駅開業
明治40年 7月 1日 鉄道国有化法により九州鉄道を国有化
大正10年ころ      駅舎改築
昭和45年 3月     駅舎改築
昭和62年 4月 1日 九州旅客鉄道株式会社発足
平成14年12月 1日 連続立体交差事業により440m香椎駅寄りに移転
                   (門司港起点76km000m)


 戻る


inserted by FC2 system