井上要翁頌徳碑
碑の背景
コメント
 1865年に喜多郡菅田村(現大洲市)の庄屋、で生まれた有友平衛の長男で生まれ、同村の士族である井上家の養嗣子となった。 1897年には県会議員に当選、1902年には衆議院議員となった。
 1887年に創立した伊予鉄道では取締役として経営に参画、1906年以降は第3代社長、第5代の社長として伊予鉄道を育てた事により、創立者の小林信近が伊予鉄道の生みの母と言われたことに対して、井上要は育ての父であるといわれている。
 この碑は当初、井上の寄付により建設された初代県立図書館の前に建立されたが、後に現在地に移された。
  
写  真  
基本情報
 所  在  地 : 松山市梅津寺
            梅津寺公園駅前
 マップコード : 53 430 545*13
 建  立  日 : 1942年12月19日
 建  立  者 : 
 種      別 : 顕彰碑
 撮  影  日 : 2015年 3月17日
碑  文   井上要翁ハ慶應元年愛媛縣喜多郡 菅田里正有友氏ノ家ニ生ル資性俊
  敏識見高邁頗ル經世ノ才アリ先ニ  推サレテ縣會ノ王班トナリ後ニ選
  ハレテ代議士タルコト三度更ニ伊   豫電氣鉄道株式会社社長トナリテ
  ハ企畫宜シキヲ得以テ同社今日ノ  隆昌ヲ致セリ又深ク心ヲ育英ニ注
  ギ北豫中學松山高商等ノ創立経營  皆其手ヲ煩ハサザルハ無シ而シテ
  翁ハ我ガ縣未ダ縣立圖書館ノ設備 ナキオ慨シ其退職ニ際シ享ケシ所
  ノ巨資ヲ捐テ同館舎ヲ建テ之ヲ縣   ニ寄ス實ニ昭和十年五月ナリ嗚呼
  翁ヤ徒ラニ軒冕ノ榮ヲ索メズ專ラ   郷黨ノ誘掖ニ終始ス真ニ偉ナリト
  謂フヘシ因テ此処ニ比碑ヲ起シテ   丕績ヲ不朽ニ傳フ
      昭和十七年
         伊豫史談會同人 撰
         七十七齢前田政吉書

 戻る


inserted by FC2 system