国鉄犬伏駅跡
碑の背景
コメント
犬伏駅は阿波電気軌道が1923年2月15日に池谷−鍛治屋原間を開業させた際に設置された駅である。 1933年に阿波電気軌道が国有化されるとともに、国鉄の駅となった。 国有化後の鍛治屋原線は、戦時中の1943年11月に不要不急線としてレールが供出され、全線の営業が休止された。 終戦後の1947年7月に営業は再開されたが、乗車率は低く、1972年1月に犬伏駅は鍛治屋原線の廃止に伴い、廃止となった。
写  真   基本情報

 所  在  地 : 板野郡板野町犬伏
         犬伏コミュニティセンター
 マップコード : 56 489 467*48
 建  立  日 : 1998年 3月 1日
 建  立  者 : 板野町
 種      別 : 跡地碑

 撮  影  日 : 2015年 3月16日

 戻る

inserted by FC2 system