園篠線発祥之地
碑の背景
コメント
鉄道省は園篠線として1934年3月28日より福知山線篠山(現篠山口)〜本篠山(本碑の場所)〜福住〜原山口間で鉄道省が路線バスの運行を開始した。 同年7月7日の鉄道省告示により園篠線の区間が篠山・原山口間から園部・篠山間に変更され、同年7月11日には山陰線園部駅〜原山口〜福知山線篠山間の運行が始まった。 
鉄道省は1949年6月に日本国有鉄道となり、1987年4月には国鉄の分割民営化された。 これに伴い、園篠線の運営主体も碑にある様に省営バス→国鉄バス→西日本JRバスと変化をした。 西日本JRバスは2002年に篠山口駅〜福住間を神姫グリーンパスに、福住〜園部駅間を京阪京都バスに移管して撤退した。
写  真

基本情報
 所  在  地 : 篠山市河原町
 マップコード : 155 852 184*61
 建  立  日 : 2003年 5月
 建  立  者 : 官営・国鉄・JRバス
       園篠線モニュメント建設委員会
 種      別 : 発祥碑
 撮  影  日 : 2013年 6月13日

碑  文      省営バス       国鉄バス      西日本ジェイアールバス 
  昭和9年〜24年   昭和24年〜62年   昭和62年〜平成14年
            園 篠 線   発 祥 之 地
                 (路線図)
  営業キロ程 134.6K  昭和59年現在

 戻る

inserted by FC2 system