鉄道工事遭難病没追悼碑
碑の背景
コメント
米子から京都方面に線路を延ばしてきた山陰線は1911年11月に浜坂−岩見間14kmが開通した。 これにより京都までの未開通区間は香住−浜坂間だけとなった。 この工事により居組駅と浜坂駅が設けられたが、居組地区の工事中に土砂崩れなどで死亡した犠牲者の霊を供養するためにこの碑は建立された。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 美方郡新温泉町居組字大坂
            龍雲寺境内
 マップコード : 365692061*73
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 : 2008年 9月 4日


 戻る

inserted by FC2 system