シールドカッター
碑の背景
コメント
中之島線は2.9Kmの路線で中之島高速鉄道が建設し保有しており、京阪電鉄が線路使用料を支払って列車の運行を行っている。 この区間は全体を6工区に分け、駅部分は開削工法、駅間はシールド工法により建設をされた。 この碑がある中野島線終端部は開削工法によって建設された部分であるが、路線建設の主体はシールドマシーンによって実施された為、その一部がモニュメントとして設置されたものである。 下の写真では二つのシールドマシーン先端部が並んでいるが、実際にはこの間にホームが有り両者の間は10m程離れている。 
中之島線開業にあたってはこれ以外に「中之島線竣功之記」と「坂陽日々新」という二つの碑が設けられている。
写  真

基本情報
 所  在  地 : 中之島駅
            線路突き当たり
 マップコード : 1373348*15
 建  立  日 : 2008年10月19日
 建  立  者 : 京阪電鉄
 種      別 : 開通・開駅碑
 撮  影  日 : 2009年12月19日


 戻る

inserted by FC2 system