中舞鶴駅跡
碑の背景
コメント
舞鶴線の支線で東舞鶴から分岐していた中舞鶴線(通称)は舞鶴鎮守府の兵隊や軍事物資の輸送を目的として1904年に軍港への引き込み線として建設された。 1919年には国鉄線として営業を開始し東門駅(後に北吸駅と改称)、中舞鶴駅が設けられた。 戦後になって国道27号線が整備されたことにより貨物輸送量が減少し1972年にこの支線は廃止された。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 舞鶴市字余部下1167
         中舞鶴公園
 マップコード : 174794740*55
 建  立  日 : 1988年10月
 建  立  者 : 元中舞鶴駅在籍職員有志
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2004年 5月15日


 戻る

inserted by FC2 system