電気鉄道事業発祥の地
碑の背景
コメント
明治維新と東京遷都により人口が減少し産業も衰退した京都では、灌漑・上水道・水運等を目的とした琵琶湖疏水が計画された。 この疏水の水を用いて当初は計画になかった水力発電所が建設され1891年に電力の供給を開始した。 この電気を用いた電気鉄道が京都電気鉄道の手により1895年2月にこの碑がある京都駅そばの東洞院塩小路下ルから伏見下油掛まで開通した。 これが日本における電気鉄道の始まりである。 

写  真

基本情報
 所  在  地 : 京都市伏見区下油掛町
 マップコード : 7346342*85
 建  立  日 : 1970年 2月 1日
 建  立  者 : 鉄道友の会京都支部
 種      別 : 発祥碑
 撮  影  日 : 2004年11月 2日

碑  文   明治二十八年二月一日京都電気鉄道株式会社は京都市下京区東洞院通東塩小路踏切(旧東海道線)南側から伏見町油掛通まで電気鉄道を我が国において初めて開業した。


 戻る

inserted by FC2 system