鉄道唱歌45番
碑の背景
コメント
「汽笛一声新橋を・・・」で知られる鉄道唱歌は大和田建樹の作詞で1900年5月に発行された。 この東海道編45番は旧山科駅と稲荷駅を歌ったものであるが、当時の東海道線は大津から逢坂山トンネルを抜けたのち、左に曲がり旧山科駅(地下鉄小野駅付近)から稲荷駅を通って京都に向かっていた。 
歌碑に刻まれた内容は45番の後半である稲荷駅部分であるが、前半の旧山科駅部分は次の様な歌詞となっている。 「大石良雄が山科の  その隠家はあともなし」

写  真

基本情報
 所  在  地 : 伏見区深草稲荷御前町
           稲荷駅
 マップコード : 
 建  立  日 : 1971年正月
 建  立  者 : 伏見稲荷大社
 種      別 : 歌碑
 撮  影  日 : 2005年 2月14日


碑  文
   鉄道唱歌より
 赤き鳥居の神さびて
      立つは伏見の稲荷山

 戻る

inserted by FC2 system