舞鶴線電化開業記念
碑の背景
コメント
舞鶴線は1904年11月に官設鉄道の手で開通し、同時に阪鶴鉄道に貸与されたが1907年に国有化された。 電化前は気動車により運行されていたが、1999年10月綾部−東舞鶴間が直流1500Vで電化され、113系・115系・125系などの電車による運行となった。 この電化により、それまで行われていた小浜線との直通運転は中止されたが、2003年に小浜線が電化されたことにより、この直通運転は再開された。 

写  真

基本情報
 所  在  地 : 綾部市駅前通
         綾部駅 ホーム
 マップコード : 174150801*51
 建  立  日 : 1999年10月
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 達成碑
 撮  影  日 : 2008年 9月 3日

碑  文 舞鶴線電化開業記念                 
             1999年10月                    
  この記念碑は、白鳥隧道建設当時のセンタードレーン及び   
綾部駅ホーム上屋に再利用されていた双頭レールでつくりました。
  設計監理 西日本旅客鉄道株式会社                
           大阪建設工事事務所                 
     施工 大鉄工業株式会社                     
         西日本電気システム株式会社

 戻る

inserted by FC2 system