木曽川駅開業百周年記念之碑
碑の背景
コメント
官設鉄道は東京方、大阪方より逐次、線路を延ばしていったが、1886年になると中部地方でも武豊港を建設資材の陸揚げ港として、先ずは西方への鉄路建設が始まり、1886年3月に武豊−熱田間の開通を見た。 この線は4月には清州、5月には一ノ宮、6月には木曽川と延長された。 翌年の1月には西側からの鉄路が岐阜まで開通し、1887年4月に木曽川橋梁が完成して武豊−長浜間が全通した。 1888年には浜松−大府間、1889年には静岡−浜松間が開通し、これにより琵琶湖の水運を挟んで関東と関西が結ばれた。 

写  真

基本情報
 所  在  地 : 一宮市木曽川町
         木曽川駅ホーム
 マップコード : 28349422*66
 建  立  日 : 1986年 5月 1日
 建  立  者 : 記念事業実行委員会
 種      別 : 周年碑
 撮  影  日 : 2005年 2月18日


 戻る

inserted by FC2 system