大桑駅開業十五周年碑
碑の背景
コメント
名古屋方から逐次、延伸された中央西線は1909年9月に野尻まで、同年12月には須原まで延伸された。 中央西線は木曽川・中山道沿いに敷設されており、大桑駅の前後にある野尻と須原は中山道の宿場であり、大桑には宿場が無かったことから、延伸時に大桑には駅が出来無かったものと考えられる。 
大桑駅は中央西線がこの地区を通過するようになってから42年後の1951年9月1日に開設された。
写  真

基本情報
 所  在  地 : 木曽郡大桑村長野
            大桑駅前
 マップコード : 312069772*67
 建  立  日 : 1966年 秋
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 周年碑
 撮  影  日 : 2013年10月 6日

碑  文 皆が出来ぬという駅が 村を一つにと祈る執念と地元の二旬余の汗の結晶によって誕生 思えば運動のあれもこれも運命の一駒 関係者のご理解もその機運も そして草深い住民にとつてそれは明けの鐘であった 開駅十五周年に際し古人の句を想う
「協の存命不思議にて候へ」
  一九六六年 秋  村長 小野壮蔵

 戻る

inserted by FC2 system