倉本駅開設記念碑
碑の背景
コメント
中央西線が上松まで伸延したのは1910年10月5日のことである。 この時に延長されたのは須原ー上松間の11.4kmであるが、この区間に中間駅は設けられなかった。 列車の増加に伴い、列車を交換させる場所が必要となり、1914年に須原から4.8km、上松まで6.6kmの地点に立町信号所が設けられた。 この地区の人は目の前に列車が止まるにもかかわらず、乗降出来ない状態が34年間続き、1948年になって立町信号所が駅に昇格し倉本駅となった。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 上松町大字荻原
            倉本駅
 マップコード : 632236512*04
 建  立  日 : S42年 9月 1日
 建  立  者 : 倉本駅■■■■記念
                  ■■区民一同
            (■■部分判読できず)
 種      別 : 開通・開駅碑
 撮  影  日 : 2008年 5月14日
  

 戻る

inserted by FC2 system