川岸駅開通記念
碑の背景
コメント
中央線は1906年6月岡谷−塩尻間27.2Kmが延長された。 この延長時には中間駅として辰野駅と小野駅が設けられた。 川岸に駅が設けられなかった事により、この地区では駅設置期成同盟会が設けられ、鉄道省や県に対して陳情を行い、地元で駅設置に必要な土地を無償提供するとともに負担金8万円を出すことで設置が決まった。 この碑の裏側には、資金を提供された方の氏名がびっしりと刻まれている。 
1983年に塩嶺トンネルが開通しみどり湖経由が本線となった事で、岡谷−辰野−塩尻間は支線となり、川岸駅に停車する列車のほとんどは飯田線の列車となった。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 岡谷市川岸東3丁目
 マップコード : 75108511*26
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : 川岸驛設置期成同盟会
 種      別 : 開通・開駅碑碑
 撮  影  日 : 2009年 6月28日


 戻る

inserted by FC2 system