D51型機関車動輪
碑の背景
コメント
D51型蒸気機関車は1935年から1944年までの間に1107両製造された、日本でも最もポピュラーな機関車である。 この機関車は動輪を4軸持っており、写真の動輪は前から2番目の動輪である。 この動輪を持っていたD51193は1938年に大宮工場で製造された機関車で製造番号は「7」である。 解説文にある昭和14年(1939年)に日本車輛で生産されたD51は D51379〜D51405 であり、この車輪を示してはいない。
蒸気機関車の動輪や主連棒等、主だった部品には製造時に機関車の番号が刻印されており、他の機関車に流用された場合にはすぐに判るようになっている。 この車輪の刻印を見ると、 D51193 となっており、車両番号は正しかった。
写  真
   
基本情報
 所  在  地 : 新潟市北区白新町1丁目
            豊栄駅前
 マップコード : 32 896 847*84
 建  立  日 : −−−
 建立発起人 : −−−
 種      別 : 動輪碑
 撮  影  日 : 2014年10月23日

解説文      D51型機関車の動輪について
 この動輪はD51193機関車の第2動輪です。
 昭和14年日本車両で生まれ、主に貨物列車用として関西方面で活躍し昭和50年北海道追分機関区でSL最後の花道を飾った輝かしい経歴の機関車です。
 直径は140cm 重量は2,150kgです。
 誠に良い働き者で延211万9,021.5kmを走り、地球を約52周走り続けたことになります。
            新潟市北区・JR豊栄駅
 

 戻る

inserted by FC2 system