弥彦線大浦駅跡
碑の背景
コメント
大浦駅は1927年7月31日に越後鉄道の駅として開業した。 越後鉄道は同年10月には国有化され、国有鉄道弥彦線となり、弥彦線大浦駅となった。 大浦駅を含む、弥彦線の東三条より東側は1944年に、不要不急な線として休止され、線路は外されたが、戦後、再開された。 しかしながら、鉄道利用者は少なく、弥彦線の東三条−弥彦間は電化されたにも関わらず、東三条−越後長沢間は赤字路線として1985年に廃止された。 大浦駅の利用者数は1981年で42人/日であった。
写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 三条市大字高岡
 マップコード : 318 630 175*47
 建  立  日 : 1982年10月
 建     立 : 
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2011年 7月10日

碑  文   弥彦線大浦駅跡
  昭和60年4月廃線

 戻る

inserted by FC2 system