軽便魚沼鉄道小粟田停車場跡
碑の背景
コメント
1911年9月14日、魚沼鉄道は軌間762mmの軽便鉄道として、新来迎寺−小千谷間で開業した。 小粟田停留所は魚沼鉄道開通と同時に設けられた駅である。 魚沼鉄道は1922年に国鉄に買収されたが、改軌されずに、1944年まで軽便鉄道のまま営業されたが、しかしながら、戦争により不要不急な線として休止に追い込まれた。 戦後の1954年に1067mmに改軌の上、始発・終着部について一部路線を変更して営業再開された。 しかしながら、利用客の減少により1984年に廃止された。

写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 小千谷市大字小粟田
 マップコード : 140 875 656*45
 建  立  日 : 1982年10月
 建     立 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2011年 7月10日

碑  文 (右側面)
 1911 明治44.9.14開通 −− 1943 昭和18.10.11閉鎖
 1963 昭和29.8. 1復活 −− 1984 昭和59. 3.31廃止
(左側面)
 来迎寺==片貝==高梨==小粟田==平沢==小千谷


 戻る

inserted by FC2 system