新飯田駅跡
碑の背景
コメント
 1933年4月に東関屋−白根間で開業した新潟電鉄は、同年8月には白根−燕間を開業させた。 灰方駅は燕まで延長された際に開業した。 1943年に社名が新潟交通となったが、1960年代に利用者数がピークを迎えた後は、新潟地震の被災、モータリゼーションの進展等により、利用客の減少が続き1993年8月に月潟−燕間が廃止され新飯田駅も廃止となった。 新飯田駅と同時に廃止された六分駅灰方駅にも碑はあるが、燕市内にある灰方駅跡の碑は石で造られていた。

写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 新潟市西蒲区潟浦新
 マップコード : 190 087 466*33
 建  立  日 : −−−
 建     立 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2011年 7月10日

碑  文  かつて、ここに新潟交通電鉄「新飯田駅」があった。 平成5年7月この電鉄は廃止となり、跡地を「緑水ふれあい公園」として整備した。

 戻る

inserted by FC2 system