大竹駅跡
碑の背景
コメント
湘南軌道は秦野産葉タバコの出荷を目的として1906年に台町−二宮間(9km)を湘南馬車鉄道として開業した。 利用者の増加に伴い、1913年には動力を馬から蒸気に転換し湘南軽便軌道と改称した。 1918年には経営難で一時休業したが湘南軌道として再開した。 1924年には台町から秦野まで1km延長した。 1927年に小田急が開通したことにより旅客は減少し、1933年には旅客営業を休止、1935年10月に全線の営業を休止し、1937年8月に廃止となった。

写  真
 
基本情報

 所  在  地 : 秦野市西大竹134
            秦野 嶽神社付近
 マップコード : 57688766*06
 建  立  日 : 2005年 9月
 建  立  者 : 秦野市
 種      別 : 跡地碑

 撮  影  日 : 2008年 5月21日

種  別 : 跡地碑
建立日 : 
建立者 : 
所在地 : 
マップコード : 

碑  文 馬車鉄道・軽便鉄道・湘南軌道の沿革  大竹駅
 通称「けいべん」は、明治39(1906)年に湘南馬車鉄道株式会社が秦野町(現在、秦野市本町三丁目)〜吾妻村(現在、二宮町二宮)間の道路9.6キロメートルに幅二尺五寸(76.2センチメートル)の軌道を敷設した馬車鉄道の運行が始まりとなっています。
 馬車鉄道は、一頭の馬が小さな客車または貨車を引くもので、大正2(1913)年には動力が馬から無煙炭燃料汽動車(蒸気機関)に代わり、社名も湘南軽便鉄道株式会社となりました。 大正7(1918)年に湘南軌道株式会社へ軌道特許権が譲渡されています。
 当時の沿線は、草葺屋根の民家がほとんどで、火の粉の飛散を防ぐため、独自に開発したラッキョウ型煙突を付けた機関車が、客車や貨車を牽引していました。 旅客は秦野地方専売局の職員や大山への参拝者で、貨物は葉たばこ、たばこ製品、木材、綿糸などで、秦野の産業発展に大きな役割を果たしました。
 この付近には大竹駅があり、蒸気機関車に水を供給する水槽や待避線の施設が設けられていました。 秦野には、このほか秦野駅、台町駅がありました。
 大正10(1921)年には、秦野自動車株式会社が秦野〜二宮間の営業を開始し、大正12(1923)年の関東大震災による軌道の損害、昭和2(1927)年の小田急開通などにより鉄道の経営が厳しくなり、昭和8(1933)年に旅客運輸を、昭和10(1935)年には軌道全線の営業を休止し、昭和12(1937)年に軌道運輸事業を廃止しています。
 明治、大正、昭和の時代を走り抜けた「けいべん」の想い出は人々の胸の中に行き続けています。
    秦野市市制施行50周年記念事業 「軽便鉄道歴史継承事業」
                    秦野市  平成17(2005)年 9月

 戻る

inserted by FC2 system