国府津駅開業100周年記念
碑の背景
コメント
国府津駅は1887年7月東海道線が横浜から国府津まで延長されたのに伴い、開業した。 1889年には東海道線が現在の御殿場線経由で静岡まで延長され、1920年には国府津−小田原間が開業した。 1925年には横浜から国府津まで電化され、国府津駅はELからSLへの交換基地となった。 1934年には丹那トンネルが開通して、沼津まで電化されると、国府津駅は御殿場線への乗り換え駅となった。 1987年4月国鉄の民営分割化により御殿場線はJR東海の所属となり、国府津駅はJR東日本とJR東海の境界駅となった。

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 小田原市国府津4
            国府津駅前広場
 マップコード : 57415267*30
 建  立  日 : 1987年10月21日
 建  立  者 : 株式会社東華軒
            国府津館
            株式会社井上
            国府津地区自治会 
            国府津駅構内営業組合
            鉄道OB会 による寄贈
 種      別 : 周年碑
 撮  影  日 : 2005年 2月23日


 戻る

inserted by FC2 system