0哩ポスト(旧新橋横浜間鉄道創設起点跡)
碑の背景
コメント
新橋駅の汐留口を出て第一京浜を渡り、昭和通りを行くとパナソニック電工の手前に旧新橋停車場駅舎を再現した鉄道歴史展示室がある。 この場所は日本における鉄道の起点となった場所である。 旧新橋駅(汐留駅)の開業は6月12日に仮開業した品川駅・桜木町駅に遅れること124日の1872年10月14日であるが、鉄道建設の測量がこの地を起点として行われた事により、0哩ポストがここに建てられた。

写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 港区東新橋1−5−3 
           旧汐留駅
 マップコード : 586472*70
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2003年 4月23日

碑  文 1870年4月25日(明治3年3月25日)、測量の起点となる第一杭がこの場所に打ち込まれました。 1936(昭和11)年に日本の鉄道発祥の地として0哩標識と約3mの軌道を復元しました。 1958(昭和33)年10月14日、旧国鉄によって「0哩標識」は鉄道記念物に指定され、1965(昭和40)年5月12日、「旧新橋横浜間鉄道創設起点跡」として国の指定史跡に認定されました。
 戻る

inserted by FC2 system