人車鉄道碑
碑の背景
コメント
 1899年に設立された帝釈人車鉄道は金町駅−柴又間1.2kmを軌間610mmのレールの上を人が6人乗りの客車を押す乗り物で、柴又帝釈天への参拝客輸送を目的としていた。 この会社へは帝釈天のある題経寺も株主となっていた。 帝釈人車鉄道は専用軌道で運行していたが、
1912年に軌道の特許権を京成電鉄に譲渡し、会社は解散した。 帝釈人車鉄道の専用軌道跡は京成電鉄金町線となっている。
写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 葛飾区柴又四丁目8番14号
           柴又駅前
 マップコード : 6600403*74
 建  立  日 : 
 建  立  者 : 
 種      別 : 設置碑
 撮  影  日 : 2010年11月28日

碑  文  明治三二年(一八九九)、葛飾に人車鉄道という珍しい交通機関が誕生した。 常磐線金町駅前から柴又・帝釈天までの約一・四キロを、ハッピ姿の押夫が定員六名の人車を汗をふきふき押すという、のんびりした乗り物であった。
 庚申の日には、一日一万三千余人を乗せた記録が残っている。
 戻る

inserted by FC2 system