武蔵小金井驛開設記念碑
碑の背景
コメント
1889年4月に新宿−立川間を開業させた甲武鉄道は駅の数が9つで、武蔵境−国分寺間5.7kmの区間には駅が設けられなかった。  武蔵小金井付近の玉川上水沿いには桜の木が植えられて居り、花見で有名であった。 当時の人が花見をする場合、甲武鉄道の境駅で下車し、玉川上水沿いに10km位歩き、国分寺で乗車するのが普通であったそうだ。 この客が多かったために1924年4月に観桜のための仮乗降場が開業した。 1926年1月15日には仮乗降場から停車場に昇格し武蔵小金井駅として開業した。 この開業記念碑は駅の北西約700mの所にある稲穂神社の境内にある。

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 小金井市本町5-41-36
           稲穂神社
 マップコード : 5135317*17
 建  立  日 : 1933年11月15日年
 建  立  者 : ニ山谷
 種      別 : 開通・開駅碑
 撮  影  日 : 2008年11月17日

 戻る

inserted by FC2 system