新奥沢駅跡
碑の背景
コメント
池上電気鉄道(現東急電鉄池上線)が中央線国分寺方向への伸延を計画し、1928年10月に暫定的に雪谷から1.4kmを開業させた。 この区間の終点が新奥沢駅である。 しかしながら、池上電気鉄道は1933年には目黒蒲田電鉄の傘下となり翌34年には経営統合された。 目黒蒲田電鉄の参加になった段階でこの伸延区間の廃止申請が出され、1935年11月に廃止となった。 この駅が存在した期間は7年強であった。

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 世田谷区東玉川2−40
 マップコード : 335507*36
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : 玉川地団協
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2008年 8月 7日
 戻る

inserted by FC2 system