戦災死傷者供養塔
碑の背景
コメント
1945年8月5日午前10時10分、ED167が牽引する長野行き419列車は新宿を発車した。 途中、空襲などの影響により遅れた列車は浅川駅(現高尾駅)を0時15分に発車した。 いのはなトンネルの手前で、進行方向左手より米軍機に捕捉され、機銃掃射を受けた。 列車は8両編成で有ったが、先頭の機関車から2両目中程までがいのはなトンネルに入って停車した。 そこに米軍機が繰り返し機銃掃射を加え、氏名が判別した方52名が犠牲となり、多くの方々が重軽傷を負われた。 この列車襲撃により地元青年団の先輩の方が亡くなったこともあり、遺体を荼毘に付した日影沢の石を使用して地元青年団が建立したものである。
1945年の米軍機による列車襲撃はこの湯の花トンネルの他に、8月5日の大山口列車襲撃、8月8日の西鉄筑紫駅における空襲がある。 

写  真
 
基本情報
 所  在  地 : 八王子市西浅川町
 マップコード : 23196308*22
 建  立  日 : 1950年 8月
 建  立  者 : 上長房青年団
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 : 2010年 3月31日
 戻る

inserted by FC2 system