ここに千葉駅ありき
碑の背景
コメント
千葉駅は1894年総武鉄道(現総武線)の市川−佐倉間開通と同時に開業した。 1896年1月に房総鉄道が蘇我−大網間で開業し、同年2月には千葉駅に乗り入れた。 この時、房総鉄道は総武鉄道の市川方から千葉駅に進入する様な配線としたため、東京方面から房総線方面への直通列車は千葉駅でスイッチバックを余儀なくされた。 このスイッチバック解消と高架化等のために千葉駅は1963年4月に現在地に移転した。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 千葉市中央区要町1番1号
           千葉市民会館 
 マップコード : 6119382*61
 建  立  日 : 1964年6月
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2005年 1月21日

(碑 裏面)    沿  革
一.明治二十七年七月二十日   開業
一.昭和  二 年五月三十一日 駅本屋改築
一.昭和三十九年四月二十八日 閉鎖
     昭和三十九年六月 建立


 戻る


inserted by FC2 system