蕨驛開設記念碑
碑の背景
コメント
1883年7月16日、日本鉄道が上野−熊谷間を開通させた際に上野・王子・上尾・鴻巣・熊谷と共に蕨駅は開業した。 碑文を読むと「明治26年6月26日蕨駅開業にあたり・・・・・」と書かれているが、これは郷土の有志が相談の上、碑を建立した日付と考えられる。 7月16日が鉄道開通日であればその3週間程前には駅舎なども完成していてもおかしくはない。 しかしながら、今は無い初代の開設記念碑は、記念すべき事象の発生前に記念碑が建立される珍しい例と言える。

写  真
 
基本情報

 所  在  地 : 蕨市中央1−23
            蕨駅西口
 マップコード : 3248874*06
 建  立  日 : 1942年 7月26日
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 開通・開駅碑

 撮  影  日 : 2003年 4月19日
碑  文  明治二十六年六月二十六日蕨驛開業ニ當リ郷土有志相謀リ其ノ記念碑ヲ蕨町驛前通リ町有地ニ建設ス然ルニ大正大正拾貳年九月壱日関東大震災ノ厄ニ會ヒ倒壊シ礎石ノ一部ヲ残シ皆滅逸散セリ仍テ今回該所ニ蕨第四駐在所ノ新設ヲ機トシ委員有志協議ノ上現位置ヲ選ビ之ヲ此處ニ再建ス

碑文文意 明治26年(1883年)6月26日蕨駅開業にあたり、郷土の有志が相談の上、その記念碑を蕨町駅前通りの町有地に建設をした。 しかしながら、大正12年(1923年)9月1日の関東大震災に会って倒壊し、礎石の一部を残し、散逸してしまった。 ??今回、該所(記念碑の有った場所)に蕨第4駐在所が新設されるのを期に、委員有志が協議の上、現在の位置を選んで此処に再建をした。

 戻る

inserted by FC2 system