新路之碑
碑の背景
コメント
足尾鉄道(現わたらせ渓谷鉄道)は1911年(明治44年)5月に両毛線分岐点から大間々まで開業し営業を開始した。 大間々駅はこの時に足尾方の終点として開業した。 駅が開業した時点では駅前に道路が無く、停車場利用者にとって大変に不便であったために地元の手で駅に続く道路が建設された。 この碑は駅に続く道路が建設されたことを祝して建立されている。 駅に続く道を新たに建設し、記念碑を建立した例は我孫子駅前の「停車場道」等がある。

写  真

基本情報
 所  在  地 : みどり市大間々町大間々
 マップコード : 261048679*38
 建  立  日 : 1912年 8月
 建  立  者 : −−−
 種      別 : その他の碑
 撮  影  日 : 2010年 9月23日
碑  文 足尾鐡道之貫通大闃ヤ町也設停車場于町東而 塲前無路来往者以為艱町之有志胥謀■資開■新路便運輸行通町民欣欣然咸頼其惠乃欲■■ 不朽之請予文因叙其概路長一百有六間廣四間有半明治四十四年五月起工大正元年八月■■ 銘田
  (以下2行読めず)
  大正元年八月   ■■■■■■


 戻る

inserted by FC2 system