新前橋驛
碑の背景
コメント
1886年11月、前橋市の開業医の長男として生まれた朔太郎は1913年に雑誌「朱欒」に詩を発表し、詩人として出発した。 新前橋駅前にある碑に書かれている「新前橋駅」は1925年に発行された 純情小曲集 に掲載された一編である。 
新前橋駅は1921年7月1日に上越南線が渋川まで開業した時に、両毛線の分岐駅として開設された。 「新前橋駅」の1行目に 野にあたらしき停車場は建てられたり とあるが、駅の開業が1921年、純情小曲集の発行が1925年であることから、開駅直後の様子が歌われている。

写  真

基本情報
 所  在  地 : 前橋市古市町
 マップコード : 20 756 062*18
 建  立  日 : 1987年11月
 建  立  者 : 前橋ライオンズクラブ
 種      別 : 文学碑
 撮  影  日 : 2013年12月25日

碑  文    新前橋驛          朔太郎
野にあたらしき停車場は建てられたり
便所の扉風にふかれ
ペンキの匂い草いきれの中に強しや。
烈烈たる日かな
われこの停車場に来りて口の渇きにたへず
いづこに氷を喰まむとして賣る店を見ず
ばうばうたる麥の遠きに連なりながれたり。
いかなればわれの望めるものはあらざるか
憂愁の暦は酢え
心はげしき苦痛にたへずして旅に出でんとす。
ああこの古びたる鞄をさげてよろめけども
われは瘠犬のごとくして憫れむ人もあらじや。
いま日は構外の野景に高く
農夫らの鋤に蒲公英の莖は刈られ倒されたり。
われひとり寂しき歩廊(ほうむ)の上に立てば
ああはるかなる所よりして
かの海のごろく轟ろき 感情の軋りつつ來るを知れり。

 戻る

inserted by FC2 system