停車場設置・道路開通記念
碑の背景
コメント
東武佐野線は安蘇馬車鉄道(1888年開業葛生−越名間)を前身とする館林から葛生まで22.1kmの路線である。 この馬車鉄道は輸送力増強のため1894年に動力を蒸気とし会社名を佐野鉄道としたが、1912年には東武鉄道に吸収された。 ウィキペディアによると多田駅は蒸気動力化された1894年に誕生したと書かれているが、記念碑裏面には停車場設置:大正3年(1914年)八月となっており、この差は何か興味がある。 
写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 佐野市多田町1272-2
            多田駅前
 マップコード : 64761018*20
 建  立  日 : 1933年 5月14日
 建  立  者 : −−−−
 種      別 : 開通・開駅碑
 撮  影  日 : 2009年10月17日
碑 文
(裏面)
停車場設置    大正三年八月
発起並用地寄附者  
押山吉次郎    毛利賢一郎    安部松之助    飯塚平八    尾崎唯七

道路竣工      昭和八年三月
寄附者
一金参百圓也    東武鉄道会社     一宅地三拾六坪八合四勺  翠 町
一金八拾四圓也  飯塚友次郎      一金五拾九圓也        町田吉太郎
一金拾三圓也    須藤市太郎      一金貮百八拾三円也     尾崎唯七

 戻る

inserted by FC2 system