東武鉄道佐野町停車場記念碑
碑の背景
コメント
東武佐野線の佐野町駅は1914年8月に開業した。 佐野線は馬車鉄道が前身の区間と東武鉄道自身が館林から建設した区間で構成されている。 佐野町駅は東武鉄道が館林から延長させた区間の終端部にあたっている。 この区間が開業し、佐野−吉永間を新線に切り替えたことにより、館林−葛生間が直通できるようになった。 佐野町駅は1943年に佐野市駅と改称されている。 この碑は佐野市駅の改札を出た左手にあるが、碑の前に植えられた木が邪魔をして碑をまっすぐの見ることができなくなっている。

写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 佐野市上台町
            佐野市駅前
 マップコード : 64489311*54
 建  立  日 : −−−−
 建  立  者 : −−−−
 種      別 : 開通・開駅碑
 撮  影  日 : 2009年10月17日
碑 文
(裏面)
 大正三年八月一日開通
(以下寄附者名は省略)

 戻る

inserted by FC2 system