長久保駅跡
碑の背景
コメント
東北本線の宇都宮〜西那須野間が開通したのは1886年10月1日で、当初の経路は宇都宮から現在の新幹線に沿って北上していたが、古田〜長久保間で渡河していた西鬼怒川・東鬼怒川の夏季の増水による橋梁等の補修費が嵩むことから、1897年に宇都宮〜矢板間は現在の路線に経路が変更となった。
旧路線上には古田駅・長久保駅があったが、経路変更により廃駅となった。 この駅名標は押上小学校の敷地内に設けられているが、駅名表示を見ると、長久保駅の上野方は宇都宮となっている。 宇都宮〜長久保間に古田駅が開設さたのは1891年9月である。 この駅名標はそれ以前のものにしている。
写  真

 
基本情報
 所  在  地 : さくら市長久保814
 マップコード : 315 174 301*14
 建  立  日 : 
 建  立  者 : −−−−
 種      別 : 跡地碑
 撮  影  日 : 2013年 4月16日

 戻る

inserted by FC2 system