開業八十周年記念
碑の背景
コメント
1887年7月に日本鉄道が郡山まで到達すると、郡山から会津若松を通り新潟に向かう鉄道の建設運動が起こり、1896年に岩越鉄道が設立され、1898年には郡山〜中山宿(仮)間21.5kmが、1899年3月には中山宿(仮)〜山潟間6.5kmが、そして同年7月15日には山潟〜若松間37.3kmが開通した。 7月の若松への延長開業時に翁島駅は開設された。
当時の翁島村に駅が設けられたことから駅名が翁島とつけられた。 
この駅の付近には有栖川宮・高松宮の別邸があったことから、この駅には貴賓室が設けられていた。 また、駅の南東2.5kmの所に野口英世の生家がある。 大正4年(1915年)9月に野口英世が一時帰国し、この駅で地元住民の大歓迎を受けた。 碑の上部にある 「忍」 の文字は英世が一時帰国したときに認めたものである。
  
写  真 基本情報
 所  在  地 : 耶麻郡猪苗代町
              大字磐根中
 マップコード : 413 171 868*10
 建  立  日 : −−−
 建  立  者 : −−−
 種      別 : 周年碑
 撮  影  日 : 2014年 6月24日
碑  文      忍耐
大正四年十月  英世

  開業80周年記念
  1979−7.15
   翁  島  駅
 戻る

inserted by FC2 system