供養碑
碑の背景
コメント
楯構堀鑿折渡隧道竣工記念碑の横に供養碑が建立されている。 この折渡トンネルでは工事途中で地質が変化し、坑内を支えていた支保工が折れてしまい、工事が出来なくなり一旦工事を中断して、日本で最初にシールド工法を採用して建設を行った。 しかしながら、この工事では5名の方が犠牲となられている。

写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 由利本荘市岩谷町字川端
            折渡隧道岩谷側坑口付近
 マップコード : 494132649*1
 建  立  日 : 1951年12月24日
 建  立  者 : 本荘保線区職員一同
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 : 2008年10月17日
 戻る

inserted by FC2 system