二井山駅跡

碑の背景
コメント
羽後交通横荘線は横手−本荘間の鉄道敷設を目的に1916年横荘鉄道として会社を設立し、1918年8月に横手−沼館間が開通した。 1919年7月には沼館−舘合間、1920年3月には舘合−羽後大森間、1928年11月羽後大森−二井山間と逐次、延長を重ね、1930年10月二井山−老方間が開通した。 この碑がある二井山駅は1928年の二井山延長時に開駅した。 
横荘線は1953年8月に二井山以遠が廃止となり、1965年7月には集中豪雨により雄物川橋梁が傾いてしまい、10月から館合−二井山間を運転休止としたが、翌年2月の河川増水により橋梁が流出したため休止区間は二井山駅と共に1966年6月に廃止となった。 

写  真

 
基本情報

 所  在  地 : 横手市雄物川町二ツ井山
 マップコード : 138211558*84
 建  立  日 : 2001年 7月
 建  立  者 : 雄物川町教育委員会
 種      別 : 跡地碑

 撮  影  日 : 2008年10月17日
碑  文  大正五年(1916)、地域の有力者たちが、「横荘鉄道株式会社」を設立し横手・本荘間を結ぶ鉄道を敷設することになった。 大正六年に東線(横荘線)が横手から、大正八年に西線(現由利高原鉄道)が本庄から着工された。
 東線は、大正七年(1918)八月十八日「横手←→沼館間」(十五・三キロ)、大正八年(1919)七月十五日「沼館←→館合間」(三・六キロ)、大正九年三月二十四日「館合←→羽後大森間」(一・八キロ)、昭和三年十一月一日「羽後大森←→二井山間」(五・四キロ)、昭和五年(1930)十月五日「二井山←→老方間」(十二・一キロ、トンネル五ヵ所)でそれぞれ営業を開始し、全長三十八・二キロとなった。
 諸般の事情から、本荘までの開通は断念しなければならなかったが、沿線町村の発展に寄与した功績は、まことに大きい。 当町内には、二井山のほか、羽後里見・沼館・船沼・館合など五つの駅があった。
 のち交通事情の変化によって乗降客が次第に減少したため、昭和二十八年八月五日「二井山←→老方間、昭和四十一年六月十五日「二井山←→館合間」、昭和四十四年一月十六日「館合←→沼館間」、昭和四十六年(1971)七月二十日「沼館←→横手間」と順次廃止し、五十有余年にわたる営業に終止符を打った。

 戻る

inserted by FC2 system