二十番分岐器敷設記念碑
碑の背景
コメント
岩沼駅から約500m仙台方に行った所に二十番分岐器敷設記念碑が建立されている。 この記念碑が建立された分岐器は仙台からやってきた列車を東北線と常磐線に振り分けるために設置されたものであるが、東北線、常磐線共に主要幹線であり、高速での列車通過が要求されている場所である。 分岐器の番数は基準となる線から分岐する線が1m離れるために必要な距離を表している。 この為、番数が大きくなるほど曲線が緩くなり通過速度を上げることができるが、分岐器は長くなり、高価となる。 


写  真

 
基本情報
 所  在  地 : 岩沼市館下三丁目
 マップコード : 21 104 494*12
 建  立  日 : 1957年 7月
 建  立  者 : 長町保線区
 種      別 : 設置碑
 撮  影  日 : 2014年 7月20日

 戻る

inserted by FC2 system