土沢駅発祥の地

碑の背景
コメント
 岩手軽便鉄道は花巻と釜石を鉄道で結ぶことを目指して設立され、1913年10月25日に花巻−土沢間が最初の区間として開業した。 この鉄道は名前の通り、軌間762mmであった。 翌年には晴山まで延長され、土山駅が終端駅であったのは約6か月であった。 この線は1936年に国有化されたが軌間は762mmのままであった。 1943年には軌間が現在の1067mmに改軌され、1950年には釜石まで開業した。
  この碑の表面は「土沢駅発祥の地」となっているが、岩手軽便鉄道が開業した時から駅の場所は変わっていない。 また、碑の裏面には「開業八十周年記念」と彫られているので、この碑の種別を 発祥碑 ではなく 周年碑 とした。
写  真   基本情報

 所  在  地 : 花巻市東和町土沢8区446
            土沢駅前
 マップコード : 108 778 639*57
 建  立  日 : 1992年10月吉日
 建  立  者 : 土沢駅を守る会
 種      別 : 周年碑

 撮  影  日 : 2014年 8月25日
  
碑  文   開業八十周年記念
     開業 大正二年十月十四日

 戻る

inserted by FC2 system