台風海難者慰霊之碑
洞爺丸 十勝丸 第十一青函丸 日高丸 北見丸
碑の背景
コメント
 1954年9月26日に鹿児島県大隅半島に上陸した台風15号は九州を斜めに横切り、中国地方から日本海に抜けた。 大隅半島上陸時は965ヘクトパスカルであったが、日本海を北上中にさらに発達し、北海道西岸に達した21時ごろに、最盛期となり、気圧も956ヘクトパスカルとなり、道南は猛烈な暴風に襲われた。
 この日、函館から青森に向かう青函連絡船では洞爺丸が当初、14時40分に上り4便として函館を出港し台風接近前に陸奥湾に入る予定であったが、運行を中止した他船の乗客・貨物を移乗させる事に手間取り、一旦、運行を中止したが、18時25分に遅れ4便となって1314名の乗客・乗員を乗せて出航した。 しかし、南南西からの強風により函館港防波堤灯台付近で投錨し仮泊した。 しかし、強い風雨と猛烈な波浪により流されると共に、船尾にある貨車の搭載口から進入した海水が車両甲板から機関室などに浸水、22時前後には機関が運転不能となった。 洞爺丸は遠浅の七重浜への座礁を試みるも、その手前で座礁・転覆した。 これにより1155名が亡くなり、生存者は159名であった。
当時、函館港にいた他船では、北見丸、日高丸、十勝丸、第十一青函丸の4隻が転覆・沈没した。 第十一青函丸は乗員90名全員、北見丸は76名中70名が、日高丸は76名中56名が、十勝丸は76名中59名が殉職した。
函館港におけるこれらの惨事により、15号台風は洞爺丸台風と命名された。

写  真
 

基本情報
 所  在  地 : 北斗市七重浜7
 マップコード : 86 248 022*48
 建  立  日 : 1960年 8月25日
 建  立  者 : 十五号台風海難者
             慰霊碑 建立協議会
 種      別 : 慰霊碑
 撮  影  日 : 2012年 9月 3日
碑文 昭和二十九年九月二十六日 十五号台風接近朝来人  心暗く夜に入るや業風 
の猛威弥々凄く瓦飛び     家倒れ虚空も摧くの感   ありて瞬間風速實に五 
十七米港内に仮泊せる    青函連絡船洞爺丸を始  め日高丸十勝丸北見丸
第十一青函丸の五隻は    その乗組員の死力も    天魔の跳梁に抗すべき
なく空しく狂瀾怒涛に      覆没して世界海難史上   稀有の大参事を惹起せり
 瞑目一番洪波洪渺に    出入して覆没せりし洞    爺丸乗客千九十四名を 
始め各船乗組職員三百    五十三名が神に祈り佛   に求むる阿鼻叫喚に想 
ひをいたすの時胸裂け    魂飛んで号泣今尚耳を   刺す蒼天慟哭何ぞ休せ 
ん我等同人特にこの一    基を建立し永く精霊の    冥福を祈り虔んで爾後 
を誡む                                             
昭和三十五年八月二十五日              
十五号台風海難者慰霊碑 建立協議会  
 

 戻る

inserted by FC2 system